依頼前の注意

「呪い」と聞けば誰もが恐れを抱くでしょう。呪いをかける場合、自分への呪い返しを心配する方もいると思います。本物の呪術師なら大丈夫でしょうが、それが偽物・・・実力が伴わないものが行った場合は大変なことが起こるでしょう。

またそもそも偽物が依頼を受けただけで呪いをかけない詐欺師の場合もあります。

インターネット上には現在、たくさんの呪いを仕事に掲げている人たちがいます。この中にはこのような実力不足なものと、詐欺的な偽物が存在します。

そうした偽物を避けるため、このような点に注意しましょう。

 

1、独自のHPを持っている

2、電話番号の記載がある

3、支払い・金額の明細がはっきりしている

4、昔から活動している

5、無料で相談に乗ってくれる

 

1、独自のHPを持っている。
独自のドメイン・・・noroi…urami…zyuzytutsu…など自社で最低でもHPを運用しているところは信頼があるといえるでしょう。よくあるFC2やアメブロなどの無料サーバーを利用しているところは誰でもHPを開けるので信頼が低いといえます。

 

2、電話番号の記載がある。
メールだけ、そのメールもフリーメールなどを利用している業者もあります。1の独自HPを持っていると同じ理由になりますが、できれば固定電話、携帯電話などの記載があるところがいいでしょう。固定電話を公表しているということは自分たちの活動に自信があるという意味にもとれるでしょう。

3、支払い・金額の明細がはっきりしている
中には依頼後、依頼内容をかさに、脅迫めいた金額を要求するサイトもあります。こちらは個人情報を出しているのに、向こうはフリーメール・フリーホームページアドレス・・・など、信頼できない業者には個人情報を預けることはやめましょう。
支払い方法・金額については依頼前に必ず確認を。

4、昔から活動している
雨後のタケノコのように呪い業者は増えています。インターネット黎明期1990年代後半から呪い代行サイトは存在していたようです。やはり長年活動しているサイトはそれだけ実績と信頼があるといえるでしょう。ドメインの歴史などを調べることも可能です。信頼できるサイトを選びましょう。

5、無料で相談に乗ってくれる
カネカネカネ!とまずお金を払わすことばかりいう業者は間違いなく詐欺です。相談してみて信頼できると思った業者を選びましょう。そのための専門フォーム・アドレス・電話番号などがあるサイトがおすすめです。

 

注意!

忘れないでください。

呪いを代行させたからといって、あなたに責任がないわけではありません。あなた自身呪いをかけたこと事実から逃げず、依頼前には気持ちの整理をしてください。

広告